ナマエヲイレヨ
プロフィール

なまえをいれよ

Author:なまえをいれよ
ニコニコ動画でのんびり実況してます。
マリカーフレンド募集中です。
マリカー:0087-9433-3604



実況マイリスト

エンドネシア 【実況中】
moon
単発物



リンクについて

 基本的にリンクフリーです。
 貼るも剥がすもお気軽にどうぞ。
 ただ、ご報告頂けると泣いて喜びます。



リンク

このブログをリンクに追加する



メール

名前:
メール:
件名:
本文:



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター

なまえをいれよの集めたラブは

個です。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最終回のこと
31回から最終回へのリンクを貼り忘れしまい、ご迷惑お掛けしました;;
アップした事に満足して、すっかり忘れておりました;;

ちゃんとリンク繋がせて頂きましたので、もう大丈夫だと思います。

教えて下さった方、本当にありがとうございました。



また、最終回をアップして、まだ一日しか経っていないにも関わらず、
沢山のメール、コメント、本当にありがとうございます。
メールもコメントも全て目を通させて頂きました。
温かいお言葉も勿論嬉しいのですが、
各々の解釈等を送って下さる方も結構いらっしゃって、本当に嬉しい限りで御座います。
少し遅くなってしまうかもしれませんが、全てにちゃんとレスをさせて頂きますので、今暫くお待ち下さい。

最終回でチラッと言った、moonについて語る会的なものもできればいいなと思っておりますが、
やるならどういう形がいいのか等、ちょっと悩んでおります。
ですが、折角、皆さん素敵な意見をお持ちなので、何とか実現できる様、精一杯努力させて頂きますね。

皆さんも何か良い案等ありましたら、是非教えて頂けると幸いです。





この記事に対するコメント
お疲れ様でした!
最後までなまえをいれよさんらしい実況で
こっちまで感動しちゃいました(´ω`)
本当に楽しかったですよ―

最後の案は、動画内のコメにもありましたけど、やっぱりラジオですかね…
うp主のやりやすい形でいいと思います!
【2009/01/17 10:49】 URL | 米 #- [ 編集]

ラジオで、
したらばさんの掲示板を借りて、
どんどんコメントを読んでいったりするのはどうでしょうか。

色々テーマを決めるのがいいでしょうかね。
真夜中大学みたいにw
【2009/01/17 18:59】 URL | ひっきたい #- [ 編集]

なんという、サプライズ?!
最終回のうpが、13日…だと?
ぐふぅ!!リンクをあてにしていたのですっかり出遅れてしまいました!
サプライズとして、以前言っていた答えをボクなりの解釈として送るつもりが、逆にサプライズをいただくとはwww

ふむ、とりあえず気を取り直しまして、
「moon」、ついにクリア!こんぐらっちゅれ~しょん!!

他の方からも解釈をいただいているのですね。ではボクなりの解釈も、勝手ながら宿題とさせていただいた問題の答え合わせとして書き込みさせていただきます。
ただ、なまえをいれよさん(以下なよさん)が感じたものこそがなよさんにとっての本当の正解であることを忘れないで下さいね。

1つ目
ラブ・愛については言うまでもなく現実においても重要ですよね。生き物は愛がないと寂しさのあまりにどんどん衰弱していき、遂には死に至ってしまいます。アクションリミットはこれを表現していたようにも思います。つまり愛とは心の、命の栄養なのです。

2つ目
なよさんは「moon」をゲームとして始めたし、主人公として「勇者」という役割が与えられることも覚悟をしたはず。でも、その「moon世界」でおばあちゃんと暮らしていたナマエヲイレヨにはその覚悟があったのでしょうか?選択の余地もなく、本人の意思もおかまいなしで大臣に白羽の矢の儀をもって与えられた「勇者という役割」は、おばあちゃんの孫ナマエヲイレヨにとってまさに「呪縛」といえるのではないでしょうか。
演出上仕方ないことなのですが、その呪縛はなよさんがこのゲームを始めることでナマエヲイレヨに降りかかってしまいました。と同時にラブを集める役割を与えられたことでなよさん自身がゲーム世界に縛り付けられてしまったのです。
しかし最後には、ナマエヲイレヨの半身でもあり、なよさんと「moon世界」とをつなぐ“なまえをいれよ”を斬ることで、己に降りかかった呪縛を打ち破ると同時に、「moon」に縛り付けられたなよさんを切り離してくれたのです。辛辣ながらも重要なところなのです。

話の流れとして先に4つ目
今回のような役割(ロール)を演じていく(プレイング)ゲーム。そこに登場するキャラには全てに「役割」が与えれています。仮に、「勇者という役割」が「呪い」なら、他のキャラに「与えられた役割」もまた「呪い」といえるでしょう。そんななか、唯一束縛されない夢という潜在意識を通して彼らは「助けて!」と訴えかけてきました。門を埋め尽くしていた奇盤に記された、己の宿命(役割)から開放してほしいと。

そして3つ目
このゲームでは「moon世界」を「現実」と同等の世界として位置づけています。そしてフローレンスは自身がゲームキャラであることを知っているようです。彼の役割はおそらく、制作サイドの代弁者。だから彼は「幻想という居心地の良いこのゲーム世界」から「あらゆるものが混在する現実」へ帰りたいか?と尋ねてきました。その問いに対するなよさんの答えは、一番最後の選択肢で見せていただきました。初見であの選択はお見事の一言です。

5つ目
ムツジロー、フローレンス、ふくろう先生、そしてなよさんが“変なひと”と呼んでいた女王様たちが言っていた扉と光の話。これは、「moon」のゲームディスクがPS本体にセットされた状態をさしています。ふたを閉めたら中は真っ暗になります。でも開ければ光が差し込みます。まるで満ち欠けする月のようではありませんか。PSのふたってちょうど円いし。
ゲームを続けるなら、「moon世界」は再び「役割=呪縛」を受けます。でも彼らはプレイヤーを恨んだりしません。ゲームだから?プログラムだから?いいえ、きっと必ず扉を開けてくれると信じているから。
扉=ふたを開けるとは、「ゲームをやめる」こと。だからプレイ中に扉が開くことはなかった。お母さんの声も「ゲームなんてやめて、~」でした。冒頭の読みきれないエピソードの中にも「幻夢などやめて早く目覚めよ」ってあるんですよ、気付きました?
しかし、この「moon」のコンセプトはゲーム全般に対するアンチテーゼではありません。
「ゲームばかりではいけないよ。」「ゲーム機のふたを、今いる部屋のドアを、その建物の玄関の扉を開けようよ」「己の殻を破れ!」「そして外へ!」
そして、ゲームをやめることで真に解放されるのは「moonの住人」ではありません。勇者ナマエヲイレヨが自らを解放したように、約12cmのCDの上にある「moon」という小さな世界から、プレイヤーは自らを解放するんです。

LOVE。英語として直訳すれば「愛」ですが、「moon」で得たラブの意味はきっと「ありがとう」です。実際、彼らのためにがんばったじゃないですか。その「ありがとう」の総数、なんと200個!一生分と比べたら少ないけど、4ヶ月で200個分「ありがとう」って言ってもらえたって考えたらすごいでしょ?トットテルリのところで得た8個のラブには、カクンテ人からの分も含まれてます。
…ベイカーの秘密は、どうなんだろ?いや、きっと「ありがとう」に違いない!だって、絶対に他人に知られたくない秘密でも、信頼できる人になら話したくなるじゃないですか。

「moon」からもらったその「ありがとう」をむねに、今度は『無限の可能性が散らばる現実の世界』へ。
そして、“なまえをいれよ”として「moon」をプレイした“あなた”へ
ボクから、ささやかながらの「ラブ:ありがとう」。
【2009/01/17 20:59】 URL | 相笠文治 #- [ 編集]

MOON初プレイで全クリはすごい!

次回の実況も絶対見ます。
【2009/01/18 23:05】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://namaewoireyo.blog86.fc2.com/tb.php/41-1573a088
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。